抜かりない対策が必要なノロウイルス|感染予防のノウハウ

ウーマン

ノロウイルスの症状

頭を押さえる女性

ノロウイルスになってしまうと、どのような症状が現れるのか確かめておくことが大切です。ノロウイルスになったからといってすぐに症状がでるわけではありません。感染から、一日や2日ほどで症状がでるといわれています。このため、24時間ほどの潜伏期間があるのです。このような潜伏期間のあとに、下痢や嘔吐といった症状がでてきます。ただ、このような症状だけではなく腹痛や発熱といったものを引き起こす可能性もあるため、かなり辛い症状があるといわれています。ノロウイルスに感染すると、潜伏期間のあとにすぐに辛い症状を引き起こしてしまいます。特に腹痛が続くことが多いため、十分対策をしておくことが大切です。ノロウイルスにより排出した便は、サラサラと液体状になっていることが多いため、そのようなものが続くときはノロウイルスになっていないか気をつけておくことが大切です。ノロウイルスの症状は、一日や2日ほどで収まるといわれていますが、年齢によっては長時間症状が続く可能性もあるのです。このため、特に赤ちゃんやお年寄りはノロウイルスの対策をしておくことが大切です。ノロウイルスになると、下痢により水分を排出してしまうため、脱水症状になってしまうことがあります。脱水症状になると危険なため、病院で治療してもらうことが大切です。ノロウイルスの対策をするためにも、感染原因をよく把握して、どのように防ぐといいのか確かめておくといいでしょう。